パシリスパークに探検に行ったよ

5月31日(金)1年生は、小学校で初めての校外学習としてパシリスパークに行きました。

パシリスパークは、チャンギ校から車で北へ15分程行ったところにある海に面した国立公園です。

学習のめあては次の3つです。

1.班の友達と仲良くすること

2.安全に気を付けること

3.シンガポールの自然を見つけること

パシリスパークに着くと、先生から気を付けることを聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ、それぞれの班に分かれてパシリスパークの探検の始まりです。

地図を手掛かりに、先生の立っている5つのチェックポイントを回ります。

ボランティアの保護者の方が、子どもたちの安全を見守ってくださいました。

 

全てのチェックポイントを見つけてゴールすることができるでしょうか。

 

チェックポイントでは、先生のクイズに答えたり、出されたミッションを見つけたりしました。

ミッション「すてきな貝殻をみつけよう」 下を向いて、じーっと貝殻を探しています。

 

クイズ「何人で囲めるかな。」 周辺の木の中で一番太い木を探しました。

 

問題の中には、公共のマナーを知る標識やシンガポールなど熱帯地方にある植物に関係のある問題もありました。

問題「この絵は、どういう意味でしょう。」 自然を大切にしましょう。

 

問題「木に付いている、このシダの名前は何でしょう。」

3択です。形がヒントになっています。

①パイナップルシダ

②わかめシダ

③鳥の巣シダ

正解は、③鳥の巣シダ(バーズネストファーン)でした。シマオオタニワタリとも言います。

 

探検をしながら、虫を見つけた班がいました。

棒や足で探りながら、ぴょんぴょん虫が跳ねるところを狙っています。

 

虫を見つけると、頭を寄せ合ってどんな虫か観察です。 これは、バッタだったようです。

 

ゴールまでたどり着いた後は、班のみんなでお弁当を食べて、たくさんある遊具で遊びました。

それぞれの子どもが担った役割分担に責任をもって行動したり、仲良く行動できるようにお互いを気に掛けたりして、仲間意識が高まった校外学習となりました。

木陰で涼しくお昼ご飯。外で食べるお弁当は、格別です。

 

広い広い遊具の広場で大はしゃぎです。

高いところまでネットが貼ってあるタワーのような遊具に、長い長い滑り台。こんな遊具見たことないという遊具がたくさんありました。

 

関連記事

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6542-9600

リンク

ページ上部へ戻る