落語ワークショップがありました

  • 2014/6/20
  • 落語ワークショップがありました はコメントを受け付けていません。

17日(火)の4時間目、ゲスト講師として立川志の春さんを迎え、

5,6年生を対象に落語ワークショップが開催されました。

志の春さんが、まず落語とはどういうものなのか説明してくれました。

落語家は顔の向き、動作、声色を使い分けてたくさんの役を演じるので、

観る人はどんな人物なのか想像して話を聞くことがコツだと教わりました。

IMG_7615

その後、与太郎という男の子が主人公の

「金明竹(きんめいちく)」という落語を披露してもらいました。

志の春さんの演技に子どもも大人も夢中になり、会場は終始笑いの渦に巻き込まれました。

IMG_7651

落語を初めて観る子どもが多かったですが、志の春さんの落語を観て、

「とても想像しやすくて楽しかった。」

「志の春さんが役によって全然違う人に見えた。」

「早口言葉に驚いて、話のオチも面白かった。」

という感想を持ったようです。

写真 4

最後には、有名な「寿限無(じゅげむ)」や英語落語も少し見せてもらい、

子どもたちから出たたくさんの質問にも答えてもらいました。

子どもたちが映像を通してではなく、目の前で落語に触れることができた、

貴重な機会となりました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6542-9600

リンク

ページ上部へ戻る