ふれあい天文学オンライン講座 ー宇宙のナゾにせまるー

  • 2020/10/15
  • ふれあい天文学オンライン講座 ー宇宙のナゾにせまるー はコメントを受け付けていません

クレメンティ校の6年生の教室に、天文学者がやってきました。

天文学者 平松 正顕先生

星空の向こう、宇宙のナゾについてお話をしてくださいました。

宇宙の大きさや光の速さ、望遠鏡についての話を真剣に聞く、クレっ子6年生たち

特に、印象的なお話を一つ紹介します。

望遠鏡の大きさに比例し、遠くの宇宙まで見ることができる。

そのために、製作されたアルマ望遠鏡

この望遠鏡は、様々な国が協力し合い、製作されたものだそうです。

このアルマ望遠鏡の大きさは、

クレメンティ校からマリーナベイサンズまでを半径にする

直径16km の大きさにあたるそうです。

 

実際には、こんなに大きなものは、作ることができないので、

小さな望遠鏡をたくさん組み合わせて、大きな望遠鏡としている。とのこと

私たちは、視力検査をしますね。

多くの人が、視力1.0ほどでしょう。

では、このアルマ望遠鏡の視力はいくつでしょうか。

1;100

2;1000

3;6000

 

正解は…..なんと、6000の視力!

 

どれくらいの視力かというと….

東京都に置いた1円玉を徳島県から見えるほどの視力

クアラルンプールに置いた50セントコインをクレメンティ校から見えるほどの視力

だそうです。

これには、

「えー!!」

「すごい!すごすぎて、イメージできないよ。」

このような大きな望遠鏡を使って、天文学者は、宇宙のナゾに挑んでいるそうです。

 

色々な国の人が関わって作られたアルマ望遠鏡

天文学者だけではなく、プログラミングを行う人

通訳者、お金を扱う仕事の人

輸出入の仕事を行う人

さまざまな分野の人が協力し合って、作られたそうです。

様々な分野の人たちが、天文学を支えています。

  

休憩中にも質問をするクレっ子たち

そして、どんな質問にも答えてくれる博識な平松先生

 

最後の質問コーナーも、時間がオーバーするほどのたくさんの疑問を持ったクレっ子たちと

どんな質問にも答えてくださる知識豊富な平松先生

 

そんな、物事に疑問を持つ心を忘れずに

そして、平松先生のように学び続け、挑戦し続けてください。

 

たくさんの知識を持ち、広い視野をもった、優しい大人になってくださいね。

 

ここからは、余談…

この世の全ての物から、電波が出ているそうです。

目では、電波を捕まえられません。

だから、目で、電波を見ることはできません。

 

私からは、どんな電波が出ているのか、

クレっ子たちからは、どんな電波が出ているのか。

気になりますね。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

進路進学ウェブサイト

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る