学校長の挨拶

    豊かな国際感覚を持ち 世界の人々とつながろうとする人材の育成 

シンガポール日本人学校では上記学校教育目標を掲げ、世界で活躍する国際人を育てる教育を行っています。今年も昨年の実績や反省を踏まえ更に進化します。今年度もご家庭、日本人会、並びに大使館をはじめとする関係諸団体様のご協力ご支援をお願いいたします。

学校教育目標達成のため、5つの具体的な取り組みを行います。

1 生きる力を育むための基礎基本の徹底

「学校は勉強するところ」シンガポール日本人学校も日本の学習指導要領に則って、日本の公立学校と同等の教育を実施します。基礎基本の中身は教科による学習にとどまらず、道徳や日々の教育活動を通して行う心の教育、体育を通じて行う基礎体力や運動能力の向上、そして基本的な生活習慣の形成をも含みます。

2 英語教育の重視

日本人学校という特色を生かした英語教育の充実に努め、全学年でイマージョン音楽、イマージョン水泳に取り組みます。また、週3~4時間の英会話授業につきましては、習熟に合わせた学習集団による授業に取り組みます。子どもたちが楽しみながら英会話の基礎力がつくよう授業を工夫して進めます。

3 国際理解教育と現地交流の推進

「国際理解教育は現地理解と日本理解の両輪で成り立つ。」現地校との学校交流や生活する人々の暮らしの様子を学ぶ中から、人々の考え方や価値観などが理解できるように取り組みます。同時に、日本の良さを見つめ、再確認するような場面を織り込み、国際人としての素養である母国への理解についての学習も進めます。

4  ICT教育の充実

本校は恵まれたICT教育環境にあります。一人1台のパソコンを使った学習が可能であり、ICT教育の充実を図っています。教科の学習とも連携させ、パソコンを用いて調べたことや、考えたことを工夫して伝えることができるように取り組みます。全教室に大型画面のTVを設置しました。  TVを利用した「わかる授業」を実践します。

5  家庭、地域との連携

本校の教育活動はPTAを始め、保護者の皆様、またこの国で生活する日本人の方々の応援を頂きながら、授業の充実を図ってきました。今年度もご協力をよろしくお願いいたします。更に学校組合との連携を図り、児童の安全な登下校に努めたいと思います。

 

(校長 前川 嘉宏)

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る