思いを形に… ~ホテルに残された感謝のメッセージ~

ホテルスタッフのみなさん ありがとう  

~修学旅行先のホテルに残された感謝のメッセージ~

下の写真は、修学旅行先の宿泊したホテルに残されていた感謝のメッセージです。

%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e6%84%9f%e8%ac%9d%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8

去る10月12日~14日、クレメンティ校6年生は

マレーシアペナン島へ修学旅行に行きました。

そこで見付けた、クレッ子たちの心温まるエピソードをご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅行最終日、ホテルをチェックアウトするときのこと。

3日間お世話になった部屋の片付けを終え、

担任の先生たちは子どもたちの部屋の最終点検。

・・・と、その時。

担任の先生が、ある部屋でこんな置き手紙を見付けました。

Dear Hotel Staffs!!

Thank you cleaning for my room 2 days. I enjoyed school trip.

If I come penang, I want to stay that hotel.

THE JAPANESE SCHOOL SINGAPORE   CLEMENTI CAMPUS

room No 837

From D.N & M.G

Sorry, I can not speak Malay, Chinese language.

“親愛なるホテルスタッフのみなさん。

2日間、部屋をきれいにしてくれてありがとうございます。私は修学旅行を楽しみました。

もしペナンにくることがあれば、このホテルに泊まりたいです。

日本人学校クレメンティ校 D.N. M.G. より

マレー語と中国語が分からないのですみません。”

 

こんなメッセージが、ホテルの部屋に備え付けられていた便せんに

英語で書き残されていたのです。

更に、他のいくつかの部屋でも同じように、

ホテルの方々へ宛てた感謝のメッセージが残されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はこれは、6年4組のR.H.さんから始まった行動。

それが他の子どもたちに伝わり、連鎖が連鎖を呼んで、

ついにはこの素晴らしい行動が多くの子どもたちへと広まったのでした。

誰に指示されることもなく、自分で考え、

感謝の気持ちを行動に移したクレッ子たち。

そして、友だちの素晴らしい行動に気付き、

お互いを認め、学び合うことができるクレッ子たち・・・。

その姿に、引率の教員一同も、胸がいっぱいになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お世話になった相手に対して、感謝の気持ちをもつこと。

そして、その気持ちをきちんと相手に伝えること。

簡単なことのようで、なかなか出来ることではありません。

今回の6年生のように、自分の思いを「形」にして、

「ありがとう」の連鎖を世界中へと広めてゆける・・・

そんなクレッ子たちに育っていってくれるようにと願っています。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る