そうじの時間

シンガポールではどこに行っても、手の行き届いた、

よく整備された環境を目の当たりにすることができます。

なぜなら、至る場所でクリーナーさんが綺麗にしてくれているからです。

それは、ここクレメンティ校も例外ではなく、

複数名のクリーナーさんに支えられて、クレ校の環境は整備されています。

しかし、日本人学校であるクレメンティ校では、

「清掃」という日本人が大切にしてきた、

世界に誇れる文化も子どもたちに学んでもらいたい…!

という考えから、週に1度、清掃の時間を行っています。

img_3211 img_3246
今月の生活目標が「学校をきれいにしよう」ということもあり、

掃除の時間には、より一層気合が入る子どもたち…

自分の場所だけでなく、友達の靴箱も掃除するなど、

自らの役割や担当を理解して、助け合いの精神も自然と学びます。

img_3202 img_3239

日本の学校と違うところと言えば、箒やちりとりがカラフルなことでしょうか…

掃除の時間もつい楽しくなってしまいますね!

img_3220

数年前に行われたサッカーワールドカップでは、

試合に敗れた日本チームのサポーターが、観客席のゴミ拾いをして帰ったことで

世界から注目を浴びる、というシーンがありました。

日本の奥ゆかしさと、グローバルな視点を併せ持った

素敵な大人になってほしいものですね☆

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る