シンガポールと日本の未来を考える

  • 2017/2/7
  • シンガポールと日本の未来を考える はコメントを受け付けていません。

 世界中の民族や宗教、文化が共生し、

アジア随一の多民族国家として発展を続ける国、シンガポール。

ここでは、世界各国の色彩豊かな文化を楽むことができます。

中でも一際人気を誇るのが…

そう、我が国「日本」の文化です!

街を歩けば、「HOKKAIDO」「WAGYU」「MANGA」など、

日本文化に関する文字が、ここにも、あそこにも…!

P65

実は、シンガポールにおける日本文化発展の背景には、

陰の立役者がいたのです。

その名も、「ジャパン・クリエイティブ・センター」、通称「JCC」。

在シンガポール日本大使館が運営する施設です。

そのJCCに、クレ校6年生が見学に行ってきました!

P6

JCCでは、シンガポールにおける日本文化発信の拠点として、

アニメ、マンガ、ファッション、デザイン、アート、

さらには建築、科学技術、伝統文化などに関する

様々なイベントを実施しています。

P61

今回の見学では、シンガポールと日本の歴史や国交についても学んだ子どもたち。

P66

見学の後、子どもたちが作成したレポートには、

こんな言葉が…。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リー・クアンユーの「許そう、しかし忘れまい」という言葉。

この言葉がなかったら、日本とシンガポールとの関係は悪かっただろう。

今もシンガポールでは日本とシンガポールの小学校との

交流会がある。ホームステイもある。

交流を深めていけば仲良くできるはずだ。

もっとシンガポールの人たちと仲良くなりたい。

Sさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、日本とシンガポールの関係が崩れていないことを

僕は誇りに思う。

Kさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、こうして日本人の私たちが

異国の地で何不自由なく幸せに暮らしていることは

決して当たり前のことではありません。

肌の色や目の色、言語、文化、宗教…。

様々な違いを乗り越えて、

お互いを理解し、敬い、認め合える…。

そんな関係をこれから先も続けていくために、

私たちには何ができるのでしょうか。

P64

日本とシンガポールの未来を考える子どもたちの真剣な眼差しに

明るい未来が見えたような気がします。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る