大切なアサガオ

  • 2017/6/13
  • 大切なアサガオ はコメントを受け付けていません。

朝1年生の教室前を通ると、

「お水あげなくっちゃ♪」

と楽しそうな1年生に出会います。

「ぼくのあさがおはこれだよ!」

「わたしのは、こんなに大きくなったよ!」

一人一鉢であさがおを、大切に育てています。

2年生は、ミニトマト。

ようやく芽が出たようです。

嬉しそうにいつまでも眺めている子がいました。

「わたしのミニトマトには、名前がついているんだよ。」

「ぼくのはこれ!昨日より大きくなってる。」

毎日毎日、変化を見逃しません。

3年生のホウセンカとオクラも大きく育っていました。

4年生は、ツルレイシとキュウリ。

5年生は、発芽の条件を調べるために、インゲンマメを育てています。

脱脂綿の上で発芽させることで、

普段は見ることができない土の中での様子も観察できて、

子どもたちは興味津々で学んでいます。

6年生が理科の授業で使うアサガオは、

もう花が咲いていました。

校内には、子どもたちが大切に育てている植物が、

たくさんあります。

飼育を通して、

成長過程を学ぶことはもちろん、

毎日植物の世話をして、責任をもって育てることで、

命を大切にする温かい心が、たくさん育まれています。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る