Rock, Scissors, Paper, 1 2 3!

  • 2018/5/17
  • Rock, Scissors, Paper, 1 2 3! はコメントを受け付けていません。

英語の先生は、子どもたちが楽しく英語を学べるように、

授業中に様々なアクティビティを取り入れています。

今日は、先生方のアクティビティを少し紹介します。

まずは、Ann先生の授業から、ハエたたきを使ったアクティビティを紹介します。

これは、先生が言った単語を見つけて、ハエたたきでバシッ!

とたたく、カルタのようなものです。

2列になって…

先生が単語を言った瞬間にバシっ!

相手に負けない速さで

バシッ!!!

でも、よ~く聞いて、単語カードをよ~く見ないと

二人揃って違う単語カードをはたいてしまうことになります。

聞く力と単語を認識する力が大切ですね!

次は、Tuan先生のクラスから。

2つのチームに分かれ、床に置いてある単語カードを、両端から順番に読んでいくアクティビティです。

一つひとつのカードを読み上げていき、

相手チームと「ドーン!」とぶつかったら、

じゃんけんをします。

勝った人はそのまま進み、負けた人は列の一番後ろに行って、また自分の番を待ちます。

単語を1つひとつ読みあげるので、

もしかしたら、負けた方が何度も単語練習ができていいのかも…?

最後は、Amanda 先生のアクティビティを。

カードを机の上にバラバラにおき、先生が言ったカードを取る KARUTA!

手を頭の上に置いて、先生が単語を言うのを待ちます。

(先生、いつ言うのかな…ドキドキ…)

先生が単語を言ったら、真っ先にカードを取るのみ!

↑のように、手がお団子状態になり、

誰がカードをもらうのか分からなくなりますが、

それはじゃんけんで解決。

みなさん、先生の指示と先生が言う単語をしっかりと聞いて

楽しく勉強していました。

さて、アクティビティに欠かせないものといえば、

「じゃんけん」です。

じゃんけんそのものがアクティビティになりますし、

誰がカードを取ったか等をはっきりさせるための解決法にもなります。

じゃんけんの掛け声、

英語では

“Rock, Scissors, Paper, 1.2.3!”ですが、

他の先生の授業を見ていると、

“Scissors, Paper, Stone!”や、

“Rock, Paper, Scissors!”

などと、違う言い方があることに気づきます。

いろんな言い方でじゃんけんをして楽しみましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る