学校日記の内側

  • 2014/3/13
  • 学校日記の内側 はコメントを受け付けていません。

今日を含め、あと3日で2013年度のクレメンティ校の授業日が終わります。
ヘイズの影響で臨時休校になった1日を差し引いて、1~3年生は199日、4~6年生は200日の授業日がありました。
今年度は、この授業日全ての様子を「学校日記」で毎日欠かさず保護者の皆様にお伝えしてきました。
もしかしたら、日本で暮らす子どもたちのお祖父ちゃん、お祖母ちゃんも読んで下さっていたのかもしれません。

11月に行った、学校評価アンケートの際には、次のようなコメントをいただきました。

■ 学校日記、ブログが毎日更新されるようになり、感動しております。
■ 学校HP「学校日記」は毎日更新されていて、とても素晴らしいと思います。ぜひ続けて下さい。
■ ホームページの学校日記を楽しみに読ませていただいています。子どもたちをあたたかく見守っていただいている様子が伝わってきます。ありがとうございます。

こうした、保護者の皆様の声を励みに、学校日記の担当者は毎日取材をし、記事の掲載をしてきました。
たびたび「学校のブログは教頭先生が書いているんですか?」と、保護者の方に質問を受けることがありました。
そこで、今日は学校日記は誰が書いているのかを私(教頭)が紹介します。

この1年間学校日記を書き続けてきたのは、英会話の北山先生と、理科の若山先生です。
二人で曜日を分担して書いてきました。(なのに、同じ人が書いているような文体なのが、アラ不思議、です。)
二人は自分の授業の合間を縫って、記事になりそうな行事や授業を見つけては写真を取り、パソコンに向かいました。
時には、自分が行っていない校外学習のことについて、担当学年の先生に取材をし、あたかも自分が見て・感じたかのように学校日記を書きました。(このテクニックはなかなかのものです。)
二人が気をつけていた点は、同じ学年の記事が続かないようにすること、行事ばかりではなく授業の様子も入れること、だったようです。
こうして、日々の学校日記は完成していました。

次の写真は、授業のようすを取材する北山先生です。
kitayama

次の写真は、学校日記を書く若山先生です。
image

明日は卒業式のようすを、来週月曜日は終了式と離任式のようすを掲載する予定です。

これまで2013年度、学校日記を愛読していただきありがとうございました。
ご意見や要望がありましたら、次の電子メールアドレスまでお願いします。
担当者に伝えたいと思います。
ikenyoubou@sjscle.edu.sg

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る