What’s Your Best Memory?

  • 2019/12/5
  • What’s Your Best Memory? はコメントを受け付けていません。

“What’s your best memory?”

被服室から聞こえる声。

6-2組のクレッ子たちが、

6年生の思い出は何ですか?と質問していました。

質問する相手は、、、

テレビ…📺…?

ではなく、画面に映る奈良県大和郡山市にある

片桐西小学校の6年生です。

インターネットを介した通話ソフトを使用し

遠隔授業が行われていました。

英語科Ⅱの一環で行われたこの授業では、

お互いの学級が、ポスターやジェスチャーを駆使して、

英語で自分たちの思い出を発表します。

相手は、画面の向こう側…その上、海の向こう側!🌊

(離れた)相手に配慮して、いかに分かりやすく伝えるかが

この学習のめあてです。さあ、できるかな?

   ・・・・・・・(・_・;)・・・・・・・・

あまり体験したことのない発表スタイルに緊張するクレッ子たち。

きっと片桐西小学校の子どもたちも同じ気持ちだったでしょう。

しかし、たくさん出ました、伝える工夫!

歌を歌ったり、実際に使っている物を見せたり

実際に走ってみたり、ゲームのやり方を見せたり…

伝え方には様々な方法があるのだなあ。と見ていて感心してしまいました。

思い出もいろいろありました。

クレメンティ校は、授業(イマージョンやプログラミング等)や

クレッ子コンサート、休み時間等について話していました。

一方、片桐西小学校は、明日香村への春の遠足や学級オリジナルのお楽しみ会、

1年生とのペア掃除等について紹介してくれました。

ちなみに、両校から出た思い出は、修学旅行と運動会です。

やはり、思い出がたくさんできるのですね^^

発表の後は、質問タイムです。

奈良やシンガポールについての質問だけでなく、

お互いの学校生活についての質問も出ました。

ちなみに、クレッ子が一番気になったのは「制服」です。

シンガポール日本人学校は私服なので

テレビに映る友だちの制服姿が新鮮に映ったようです😄

ゲームや発表、質問で盛り上がった45分間。

短く感じた45分間でしたが、

片桐西小学校の Ms. Yoshidaが仰ったように

この時間が、子どもたちにとって、また新しいBest Memoryになったことを願います。

また、クレメンティ校の Ms. Ogata が仰ったように

子どもたちがこれからも、たくさん素敵な思い出を作っていくことを願っています。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る