平和のお話

  • 2014/11/13
  • 平和のお話 はコメントを受け付けていません。

今日は5,6年生の平和学習として、顔 夕子(がん ゆうこ)さんをお招きして

お話会をしていただきました。

戦時中、空襲が始まって防空壕へ避難した話など、

戦争がどんなに大変なものだったのかを話してくださいました。

戦時中、まだ子供だった顔さんは、鉛筆が短くなっても使えるように

竹を刺して使ったり、ノートは書いては消し、書いては消しという

工夫をされたりしたそうです。

物があふれている今では、考えられない時代を生きてこられたのだと思います。

顔さんのお話を聞く子どもたちの真剣なまなざしが印象的でした。

4時間目は5年生の学年合唱練習でした。

合唱曲は「HEIWAの鐘」で

顔さんにも聴いていただきました。

顔さんは涙を流しながら子どもたちの歌声に耳を傾けられ、

「平和を守る気持ちを大切にしてください。

お願いします。」

とお話しされました。

戦争を体験したことのない私たちは、お話を聞いたり、

映像を見たりして想像することしかできません。

それでも世界のどこかに紛争などで

苦しんでいる人たちがいるということを忘れずに

平和な日々に感謝しながら生活をする必要があると思います。

5,6年生は、今日のお話をいつまでも忘れずにいて欲しいです。

DSC09761 DSC09762

 

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る