3年生 日本人墓地公園清掃

  • 2015/6/3
  • 3年生 日本人墓地公園清掃 はコメントを受け付けていません。

シンガポールの北東にある

セラングーン地区の閑静な住宅地の中を歩いていると、

「日本人墓地公園」と書かれた門が現れます。

 ここは120年以上も昔、日本の明治時代からある墓地で、

かつては「日本人共有墓地」と書かれたアーチが

門に掛かっていました。

中に入ると、左手には小さなお地蔵様が並び、

そのすぐ横には、大きなお地蔵様。

さらに中へ足を進めると、

日本式の屋根が付いたお堂が見え、

短くきれいに刈られた芝の鮮やかな緑の中に

大小の墓石が敷地全体にずらりと並んでいます。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 クレメンティ校では、毎年子どもたちが

この墓地公園の清掃を行っています。

 今日は、3年生がクレメンティ校を代表して

日本人墓地公園の清掃に行きました。

学校から30分ほどバスに揺られ、公園に到着です。

016

お墓の周りの落ち葉を集めたり、

ごみを拾ったり、雑草を抜いたり・・・。

「お墓の周りが綺麗になって、

ここに眠っている方々も、喜んでくれているといいなあ。」

と、つぶやきながら作業を続ける子どもたち。

強い日差しが照りつける中、

汗を流しながら、一生懸命に清掃活動に取り組みました。

021

その後、お祈りや献花、焼香をし、

029 033

クラス毎に墓地公園を見学して回ります。

025023

最後に、墓地公園を管理してくださっているリムさんに、

代表の子どもが中国語で 感謝の言葉を述べました。

035

私たち日本人が、今、こうして異国の地シンガポールで

安全に暮らすことができているのは、

先人の方々の想像を超えるような努力の賜物です。

今日のこの活動を通して、子どもたちも、教員も、

先人の方々の功績に敬意を払い、

感謝の気持ちを新たにすることができました。

戦争により消滅していた日本人コミュニティが復活するきっかけとなった

この日本人墓地公園の清掃の意義を忘れず、

これからのシンガポールでの日々を

過ごしていってほしいと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る