心のいたみ、わかるかな?

  • 2015/9/15
  • 心のいたみ、わかるかな? はコメントを受け付けていません。

4年2組の廊下には、大きな人の絵が掲示してあり、

その体の左半分と右半分に、様々な言葉が貼ってあります。

道徳の時間に、言われて気持ちの良い言葉とそうではない言葉を学級で話し合い、

右と左に分けて貼りつけたそうです。

紙に書いてみると、改めてその言葉の良さやひどさを認識することができます。

話し合いの時間には、「天才と言われるのが嬉しい」という意見と

「嫌味のようで嫌だ」という意見が出たりしたそうです。

人によって異なる言葉の受け取り方。

何気なく発した言葉も傷つける危険があることを学べたことでしょう。

2組では、気持ちの良い言葉と悪い言葉を見つけたら、

これからもこのポスターに貼っていくそうです。

たくさん気付けると良いですね。

IMG_4270

IMG_4271

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る