5年道徳~本当の「自由」とは~

  • 2015/11/26
  • 5年道徳~本当の「自由」とは~ はコメントを受け付けていません。

今日は5年生の道徳の授業にお邪魔しました。

今日までに、「自由とは何か?」「自律と責任」というテーマで話合いをすすめ、

「自由」「自律」「責任」という3つの言葉について

理解を深めてきた子どもたち。

今日はそれらをもとに、「うばわれた自由」という物語を題材にして

「責任ある行動」について考えていきます。

002

物語に登場するのは、

自分の役割を責任を持って全うしようとする森の番人ガリューと、

自分の立場を利用して身勝手な行動を取るジェラール王子。

この二人の対話を中心に、物語はすすみます。

みんながしたいことをしたいようにできる暮らしが「自由」だ!

と主張するジェラールに対し、

それは自分だけに都合の良い「わがまま勝手」で、本当の「自由」ではない!

と反論し、とらえられてしまうガリュー。

ガリューの意見を受け入れず、勝手気ままな行動をし続けたジェラールは、

ついにとらわれの身となってしまいます。

牢屋の中でジェラールに再会したガリューは、

再びジェラールに、本当の「自由」の意味を説きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

登場人物の気持ちや意見の違いについて話合った子どもたちは、

その後、Chromebookを活用して意見交流!

007 003

グーグルドライブのスプレッドシートに

子どもたちが自分の考えをそれぞれ打ち込むと、

それらが一つの画面に集約されていきます。

009

これまで、C-CAMPや運動会、クレッ子コンサートなどの大きな行事を通して、

自分の「責任」を果たすという経験をしてきた子どもたち。

けれど、まだまだ自分本位の考えで行動してしまう場面も多く見られます。

そんな子どもたちに、

本当の「自由」の意味について考えてもらいたい!

と、この授業を設定した5年生の先生たち。

先生たちの子どもたちへの願いが、たくさん詰まった授業でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自由」とは、みんなが勝手気ままに振る舞うことではなく、

一人ひとりが自分の「責任」を果たし、「自律」することによって、

初めて得ることができるもの。

それが、本当の「自由」だということに気づき、

普段から責任ある行動ができる、

そんなクレッ子たちに育っていってほしいものです☆

001

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る