げんこつの中にある宝物

今日の全校朝会では、校長先生からお話がありました。

さだまさしさんの歌に出てくる、あるお話についてです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤ちゃんは、お母さんのお腹から出てくるとき

両手にげんこつをつくって生まれてきます。

その、小さな、小さな、げんこつの中には

二つの宝物が入っています。

 IMG_0959

片方の手のひらの中には、「元気」

もう片方の手のひらには、「勇気」

 赤ちゃんはみんな、この二つの宝物を

しっかりと握りしめて生まれてくるのです。

IMG_0964

鉛筆や消しゴムなど、私たちの身の回りにある多くのものは

使えば使うほど、減っていってしまいます。

けれど、この「元気」と「勇気」は、ちがいます。

みなさんが使えば使うほど増えていく、

不思議な宝物なのです。

IMG_0962

ですから、お母さん、お父さんからもらった

この「元気」と「勇気」を、たくさん使ってください。

そして、それを自分のためだけではなく

自分以外の誰かのために、使える人になってください。

 というお話でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日過ごしていると、

決して楽しいことばかりではありません。

辛い日もあれば、泣きたくなる日もあるでしょう。

ときには、悔しくて、

逃げ出したくなる日もあるかもしれません。

そんなときには、「ぎゅうっ」と、げんこつを握りしめて

そうっと開いてみてください。

目には見えないけれど、みなさんの手の中には、

お父さんやお母さん、家族からもらった

「元気」と「勇気」があります。

 IMG_0963

みなさんは、決して一人ではありません。

この「元気」と「勇気」は、

どんなときでも、みなさんの味方です。

この二つの宝物をたくさん使って、

この先、どんな大きな困難にぶち当たっても

乗り越えていける子どもたちであってほしいと願っています。

関連記事

コメントは利用できません。

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6775-3366
ページ上部へ戻る