151103 Googleスプレッドシートを使った理科実験

授業ではICTを積極的に取り入れています。今日は1年生理科の実験でGoogle Appsのスプレッドシートを使って結果をまとめました。
エタノールを加熱し、30秒ごとに温度を測って沸点を求める実験です。各グループで測定した温度をスプレッドシートに入力していきます。このスプレッドシートはクラス全員に共有されているので、入力すると同時に自分のグループだけでなく他のグループの結果も見ることができます。最後にはクラス全グループの結果一覧が出来上がることになります。自動保存されているので、次の時間にこの結果を見てグラフにするという学習ができます。
生徒たちはChromebookを使うことに随分慣れてきたようです。

IMG_1897 IMG_1881 IMG_1887

関連記事

動画

お問合せ INQUIRY

お問合せ/INQUIRY 学校連絡先 +65-6779-7355

リンク

ページ上部へ戻る